読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平々凡々に順風満帆

しがない私のさえない日々

あなたのおうちの両親は偉大。

土日を挟んでしまいました。この土日はいろんなことがありました。
ゆうたくんの両親が、私たちが何を伝えたくて出向いたのかもちろん分かっていたこと、そしてその準備をしてくれていたこと。
超えるべき存在のお父さんと、優しすぎるお母さんが偉大すぎるから、ゆうたくんと私のこれからは前途多難だなと再認識。
何から何まで頼りっぱなしになってしまったな。ほんとに何歳になったら恩返しできるんだろう。
やっぱり大好きな家族です。私は自分の実家が2個に増えたみたいな気持ちでとってもうれしい!心から大切にできるって、イイね!
朝はゆうたくんが駅まで車で送って行ってくれたんだけど、早起きが嫌だから不機嫌モードが炸裂。
めんどくせえなあ…おめえが朝送ってってくれるって昨日言ったんだろうがよ…と思いながらぐっと堪える。
でもバレンタインの話を切り出したらコロっと態度を改めやがって。なんてげんきんな奴なんだー!!!でも分かりやすくてそれはそれでいいね。
今年は何をあげようかな。プライベートで使える自分が持ってないものがいい!って言ってたな。
明日どこかに見に行こう。